トップ≫ 客室のご案内

客室

1

一戸建て離れ 一日一組!お客様だけのゆったりとした時間をお過ごし下さい。

離れは、一戸建て内に三つの内湯と露天風呂を備え、ご利用頂く各三部屋にお手洗いも完備しております。

日新公の館 部屋◆お寛ぎのお部屋(内湯・トイレ・洗面完備)
◆お布団のお部屋(寝具を予め準備してあります・トイレ完備)
◆お食事のお部屋(内湯・トイレ・洗面完備)
◆日新公の湯(内湯・露天風呂)
の4部屋で構成されています。

※ お一人様でご宿泊の場合は、「お寛ぎの部屋」と「お布団の部屋」を 一室でのご準備と、「お食事の部屋」との二室をご準備させていただきます。

和紙離れの通路には、日新公が藩の武士の生活基盤のために作らせた「伊作和紙」を復元作成したオブジェを通路の天井に飾り、また各部屋も壁を和紙調に仕上げ、寛げる空間を演出いたしました。

一組限定の一戸建て離れ『日新公の館』には、専用貸切露天風呂『日新公の湯』がございます。

日新公をテーマに復元作成した「伊作和紙」を通路の天井や各部屋の照明やタペストリー、行燈など、ふんだんに使ったオブジェ等で温もりを感じさせる空間『日新公の館』とともに、『日新公の湯』をお楽しみください。

内湯と露天があります。

日新公の湯

※冬季の露天風呂は温泉量の都合や加熱をしないため、まれにややぬるい事がありますのでお問い合わせください。
※日新公の湯」の露天は16:00~翌10:00までのご利用となります。

築70年以上の建物で、どこか日本の懐かしさを知る佇まい。宿泊者専用の家族風呂でゆっくりと日頃の疲れを癒してください。

プラン 本館2階◆お部屋は本館の2階になり、階段をのぼります。
◆トイレはお部屋内に設置は無く共同になります。
◆夕食の最終提供時刻は19時となります。チェックインが遅い場合はお食事を先にお願いいたします。
◆「大浴場」は6:00~21:00までのご利用となります。
◆「西郷どんの湯」は16:00~21:00までのご利用となります
◆敷き布団が柔らかめがお好みの方は事前にお申し込みくださいませ。

以上の件はご検討くださいませ。

宿泊者専用の貸切風呂「西郷どんの湯」と

西郷どんの湯この吹上温泉の地は、昔から加水・加温をしない源泉天然かけ流しとして知られ、その温泉を知った西郷隆盛も来遊したことから石風呂だった後を改装後「西郷どんの湯」と名命し、宿泊者専用の貸切風呂としてご利用いただいています。

※「西郷どんの湯」は16:00~21:00までのご利用で、朝は入浴できません。

天が授けた癒しの水、当温泉の効果を湯治で実感してください

プラン 湯治その昔人々は、関節が痛い、腰が痛いとなると、治療のひとつとして温泉を利用していました。
当館の開業開始当時は湯治(自炊)宿であり、痛みを持った客も治療目的で長期滞在していたそうです。昭和初期のお話ですが、約百本近い数の杖が倉庫に保管されていたそうで、その杖は痛みを持った湯治客が滞在中に痛みが取れて置いて行ったそうです。

●自炊タイプの湯治部屋です。(布団代含む)
●お布団はセルフでひいていただきます。
●自炊道具(お茶碗、皿、鍋、冷蔵庫等)は無料でお貸しいたします。
●お部屋にはエアコンは設置してありません。(扇風機(無料)、コタツ・ファンヒーター(有料)あり)

●宿泊者専用「西郷どんの湯」「日新公の湯」はご利用になれません。
●温泉入浴時間は、16時~21時となります。
●浴衣、バスタオル等のアメニティは付きません。
●お部屋の出入り口の鍵は無く、障子となります。
●鹿児島県教職員互助組合の補助券がご利用になれます。
●テレビは100円投入で120分視聴タイプ。

湯治客の方や町の方に愛されている立ち寄り湯。加水や加温をしない源泉天然かけ流しの温泉をご堪能ください。

立ち寄り湯歴史を感じさせる当館の温泉は、元々は伊作島津家、伊作日新公(忠良)の殿湯で、時を経て三代前の中島家が譲り受けた温泉です。

昔から加水や加温をしない源泉天然かけ流しとして知られ、多くの方に利用いただいています。

心温まる時間をお過ごしください。

立ち寄り湯料金

  • 大人 330円
  • 小学生 120円
  • 幼児 80円

※「大浴場」は6:00~21:00までのご利用となります。

プラン 食事地元の野菜、吹上浜近海で採れた新鮮な海の幸を使った料理のほか、黒豚料理や地鶏の白湯鶏(パチケイ)もご用意しています。

料理の内容は、季節によってことなります。

料理はお客様毎に用意された「お食事の部屋」で、ゆっくりと過ごしながらご堪能ください。

1