トップ≫ 当館のご案内

旅館

1

1日3組限定の宿!その昔、島津忠良(日新公)の殿湯で西郷どんも訪れた名湯、歴史ある老舗純和風旅館

吹上温泉(旧伊作温泉)は約450年以前に馬が発見したと言い伝えられており、維新前は、「地頭湯。所湯。打ち込み湯」という名称で階級別に区別されていました。

外観当温泉はその昔、伊作島津家・島津忠良(日新公)の殿湯として利用されていました。
日新公が加世田征伐の際、鎌田小太郎という家臣の軍功の恩賞として、この温泉を与えました。
「鎌田殿の湯」として後久しく同氏の所有でありましたが、その後、中島家がこの温泉を譲り受け、現代四代目に至る歴史と由緒のある温泉です。

また、効能にも優れたこの温泉は、口伝えで広まり、西郷隆盛も明治3年、4年、7年に気苦労を癒したり、好きな狩猟を楽しみつつ持病の皮膚病治療を兼ねてここの温泉を利用しました。

昭和初期は、湯治(自炊)宿として、体の痛みを持った多くの湯治客で賑わい、長期滞在後、痛みが取れたお客様の杖が倉庫に保管されていたそうです。
その数は数百本に及びました。

1日3組限定、「お寛ぎ」「お食事」「お布団」の3部屋で、お客様だけの空間をお過ごしください。

伊作和紙宿泊客は1日3組限定で、1組に「お寛ぎ」「お食事」「お布団」の3部屋をご提供しています。
私どもが必要以上に立ち入ることなく、お客様だけの空間でお過ごしいただきたいと考えています。

リニューアルした離れは、内湯・露天風呂を完備。
日新公をテーマに復元した「伊作和紙」を使ったオブジェ等で、温もりを感じさせ寛げる空間を作りました。

ご宿泊(一泊二食)

  • 本館2階...10 ,340 円~12,500円(お料理 によって 2段階、朝夕の皿数が違います)
  • 離れ(一戸建て)...16,820円

湯治・自炊(一泊、布団一式込み)

  • 本館1階...2,780円

ご休憩

  • 本館2階...●大人 900円 ●小学生 600円 ●幼児 300円
  • 本館2階...●大人 1,000円 ●小学生 700円 ●幼児 400円
  • 離れ...●大人 1,500円 ●小学生 1,000円 ●幼児 500円

温泉(公衆浴)

  • 大人 330円
  • 小学生 120円
  • 幼児 80円

※上記料金は、お一人様価格です。
※上記料金は、消費税・入湯税込の料金です。
※ご宿泊・自炊・宴会は要予約です。
※当館の定める正月期間等は割り増し料金となります。
※チェックイン:16時以降、チェックアウト:10時まで。

キャンセル料について

当館 の定めるキャンセル料は、下記 の通りとなります。( す。( ご宿泊・湯治・自炊)

  • 当日 100 %
  • 前日 50 %
  • 1週間前 25 %

中島温泉旅館へのアクセス

中島温泉旅館のある鹿児島県日置市吹上町は、薩摩半島西海岸側のほぼ中央に位置します。

中島温泉旅館
住所:〒899-3303 鹿児島県日置市吹上町湯之浦1160
TEL:099-296-2073
駐車場(無料)30台

当館へのアクセス時間

  • 鹿児島空港より車で約60分(高速道路をご利用の場合)
  • JR鹿児島中央駅より車で約60分
  • 九州自動車道、谷山ICより車で約20分
  • JR伊集院駅より鹿児島交通バスで約40分、伊作バス駅下車、タクシーで約5分

Googleマップで中島温泉旅館までのアクセスを案内させていただいております。
左上のレイヤーメニューから、ルート案内の切り替えが可能です。

鹿児島主要観光地へのアクセス案内

  • 当館~知覧 車で約60分
  • 当館~指宿 車で約90分

天気のご案内

ピンポイント天気予報さんのサービスを利用して、中島温泉旅館のある鹿児島県日置市の天気情報をご案内しています。

一組で三部屋の空間を独占できる贅沢な宿『中島温泉旅館』

レポート

中島温泉旅館外観温泉大好きな私たちが今回選んだのは、日置市吹上町にある『中島温泉旅館』。
温泉街は三方を山で囲まれ、静かで昔ながらの風情があちこちに残る。

歴史を感じさせるこの宿の温泉は、元々は伊作島津家、伊作日新公(忠良)の殿湯で、時を経て三代前の中島家が譲り受けた温泉。
明治年代に西郷隆盛さんも三回訪れたそう。

日新公の館 部屋客室は一組に対して三部屋を用意してくれる、「くつろぎの間」「お食事の間」「お布団の間」と分かれていて、他のお客さんを気にすることなくゆったりと過ごせるのがうれしい。

宿に到着し、平成23年12月にリフォームした貸切り露天風呂のついた1戸建て離れに案内してもらう
若女将さんから注いでもらったお茶をいただきつつ、さっそく宿での過ごし方を二人で考える。
う~ん、まずはお部屋体験~♪

一組限定の一戸建て離れ『日新公の館』・『日新公の湯』

和紙この一戸建てはその昔ここの温泉が日新公の殿湯だった事から、その日新公をテーマに復元作成した「伊作和紙」を通路の天井や各部屋の照明やタペストリー、行燈など、ふんだんに使ったオブジェ等で温もりを感じさせる空間だ。
この一戸建て内の3部屋も使って露天もプライベートで二人占めできるなんてとっても贅沢だ。

さっそく浴衣片手に『日新公の湯』へ。
内湯と露天があって夏は内湯水風呂にして楽しむのもいいかも。
季節によっては西の空からはきれいな夕空が見えそうだ。

日新公の湯

もう一つの楽しみは目にも美味しい料理

料理すっかり気持ちよくなって部屋に戻ると、お腹がグーッ。
顔を見合わせて笑っていると「お食事の用意ができました」と隣の「お食事の部屋」に通される。
ここも私だけの部屋だから、ゆっくり時間の限りご馳走を味わえそう。

テーブルの上には近海で獲れた新鮮な刺身や郷土料理のトンコツなど、地元素材をたっぷり使ったメニューが並ぶ。
季節によって内容は変わるとのこと。また訪れるのが増えたなぁ♪

宿泊者専用貸切家族風呂『西郷どんの湯』

西郷どんの湯食事が終わって満腹だが、せっかく来たので頑張って、本館にある『西郷どんの湯』にも。
ここは浴室内に瓦屋根や白壁がある和の趣と貸切という回訪韓でリラックス度満点♪

湯は硫黄のほのかな香りとやわらかな肌あたりが特徴。昔から源泉かけ流しで、加水も加温していない天然温泉が楽しめるのだ。
私たちも西郷さんみたいに何度も通いたくなっちゃった。

素朴な雰囲気の『立ち寄り湯』

立ち寄り湯温泉でぐっすり眠れて朝を迎えた。
ここにはもうひとつの浴場がある。朝6時から地元の人たちも訪れる立ち寄り湯だ。
さっそく朝風呂に行くと数名の地元の人たちが「おはようございます」と声をかけてくれた。
二人でのんびりもいいけど、こうして地元の人とふれあうのも楽しいもの。

さあ、リフレッシュした体でまた仕事だぁ。疲れたらまた来よっと!

1